オーバーホールマシン

古い印刷機や中古の印刷機を、低コストに性能アップ オーバーホールマシンの特徴

オーバーホールマシン

 

梅谷製の古い印刷機や、中古の印刷機をオーバーホール

現在ご利用いただいている梅谷製の段ボール製造機械をオーバーホールし、新たな機械として蘇らせます。
新品の設備に入れ替えるのではなく、今ご利用中の印刷機を中古のまま・古いままで、オーバーホールします。

総バラシ、再めっき等、完全なオーバーホール

オーバーホールでは、総バラシを行い、洗浄・全塗装を行います。
また、めっき部品は全て再めっきし、ゴムロールは巻替えを行います。
ベアリング類も全て交換。モータ関係は巻替え、電装品は全てオーバーホールします。

低コストで、大幅な性能アップに繋がります

新品の設備を導入するのに比べ、印刷機を中古のまま・古いままでオーバーホールすれば、比較的低コストで性能アップを実現することができます。

 

 

【引き取り機紹介】
   機種:UPS-0.9×1.8プラムμスーパーF
   年式:2007年(完全OH)
 ユニット:ダブルキッカ+2色ブレードプリンタ+DAC製検査カメラ
      不良除去コンベヤ
      昇降式スタッカ
 最高速度:200枚/分
 通紙寸法:<最大>900×1,850/<最小>200×500

お問い合わせ

サービスや製品に関するご質問や、資料請求は
下記よりご連絡ください。